AYANO(綾野製作所)の食器棚と地震対策

綾野製作所(アヤノ)の食器棚の紹介

我が家の食器棚はAYANO製です。CCから始まる型番の、Connectシリーズです。

http://www.ayano-craft.co.jp/product/connect.html

AYANO食器棚を選択したポイント

食器棚といえば「パルモア」か「AYANO」といわれていますが、AYANOのものに決めたポイントはこちらです。

  • CCシリーズのホワイト木目調のデザインが好みだったこと
  • 全ての引き出しにスムーズクローズがついていること
  • 炊飯器の引き出しをカスタマイズでつけられること
  • 天板と炊飯器の上部に適湿化素材MOISS(モイス)がついていること

今考えても、モイス(珪藻土マット)がなかったら水滴が上部についてしまうので大変でしたね。ゴミ箱を収納できるオプションもありましたが、臭いがこもる・移るという噂を聞いていたのでパスしました。

食器棚と天井の隙間問題

食器棚を買う前に気が付いたのですが、食器棚上部と天井の隙間が大きくあいてしまいます。棚の高さは207 cmで、天井との間に微妙に15 cmほど隙間が空いてしまうんです。上置き(既成の棚)を置くと237 cmのため高すぎて入りません。

このままでは不格好ですし、なにより地震が起こった時に倒れてくる可能性がありました。

対策をしようと 、「フラップ棚」や「フィラー」というオプションも考えたのですが、オーダーすると予算がオーバー。。

そこで 倒防止用耐震器具を取り付けを考えました。

ただよくある「エ」の字型の器具だと見栄えが悪いです。リビングから見える場所にこのデザインはちょっと。。。

そこで、ちょっと高いですがパンダグラフ型のものにしました。 「ふんばりくん」 シリーズです。

さらに耐震性を上げるために、食器棚の下に安定板「ふんばる君」をいれておきました。

天板の上に電子レンジ(ヘルシオ)が置いてありますが、これも地震対策を施します。耐震マット(ジェル)を敷いておきます。同じように天板の上にケトルがあるのですが、置き所がすぐ動いてしまっていました。これも耐震マットで固定しておきました。

これでひとまず地震対策は終了です。