博士とライフハック
化学者ならではの便利技をご紹介
Android TV

動作が遅いAndorid TV BRAVIAを高速化しよう

2016年製のSony BRAVIAは、初期の状態では動作が非常に遅いです。。噂によると、2020年製以降は改善されたらしいですが、、

Android OSの宿命では?と勘ぐってしまいますが、、実は以下の5つの設定すれば、実感できるほど高速化できますよ!

BRAVIAの動作を高速化する方法

Sony Bravia(49X8300D)で動作確認ずみです。

ホーム画面のおすすめアプリを非表示

Braviaの動作が遅い原因のひとつとして、ホーム画面で余計なアイコンを表示していることがあります。

まず、こちらを参考にホーム画面を整理しましょう。操作性があがるはずです。

描写スケールを短くする

この設定で画面の切り替えが若干早くなり、キビキビ動くように感じます

まずは、Androidユーザーならおなじみ、開発者オプションを表示しましょう。

開発者向けオプションの表示
・設定 > 端末情報 > ビルド番号を連打(10回くらい)

次に、開発者向けオプションから、以下の設定を。
・設定 > 開発者向けオプション > 描写スケール > すべて「アニメーションOFF」もしくは「.5x」を選択

バックグラウンドプロセスの上限を設定する

上と同様に、開発者向けオプションでバックグラウンドプロセスの上限を設定しましょう。
これで、余計なメモリを確保しなくなるので、操作後の待ち時間が短くなります。

・設定 > 開発者向けオプション > バックグラウンドプロセスの上限 > 4以下を選択

なお、テレビを再起動すると、この設定はリセットされます。

なぜか。

スマホのリモコンアプリ「Android TV」(iOS / Android)を使う

BRAVIA付属の赤外線リモコンは、明らかに操作性が悪い。

初期の電池を新品のものに入れ替えると良い、などともいわれていますが、そんなに変わりません。

カーソルボタンを押し続けても、キーの入力間隔が長いのか、トン、トン、トン、と、ゆっくりと移動していきます。リモコンを正しく画面に向けないと、入力を受け付けないのもイライラ・・・。

Andorid TVではなく、Fire TVを接続した場合、Fire TV用のリモコンを使えば、スムーズに動作します。

そこでスマホのリモコンアプリ。入力間隔がより短く、スムーズに操作できます。

Wi-Fi経由で操作するので、指向性も問題ありません。

ブラビアを最新のバージョンにアップデートする

ブラビアの基本システムを最新のバージョンアップデートすると、操作性が改善されます。アップデートについては、下のリンクをご参照ください。

ブラビアのOSを最新版へアップデート

究極の高速化 Amazon Fire TV を導入

究極の手法です。

BRAVIAを普通のTVとして使い、Amazon Fire TV Stick をHDMI端子に接続します。

BRAVIAもFire TVも同じAndroid OSですので、UIも大きく変わらず、戸惑うこともありません。

また、Braviaと同じアプリが使えます。

BRAVIAのリモコンで、Fire TV自体もコントロールできます。BRAVIAと比べて、Fire TV Stickはかなりキビキビ動くので驚きます!

BRAVIAの処理スピードに不満がある方には、Fire TV Stickはオススメです。

下に示す4Kバージョンからは、Fire TV Stickのリモコンで、BRAVIAの音量も、コントロールできるようになりました。

20200525追記

上記のように紹介したものの、現在はFIre Stickは使わず、BRAVIAのAndorid TV OSをメイン使用しています。

理由は2つあります。

1. Fire Stick は発色が薄い。

BRAVIAの色合いに慣れていたので、Fire Stickでは色味が薄い(赤があまり赤くない)ように感じます。自分で画質調整をしてみたのですが、BRAVIAを再現できず、、

2.Android TVのOSが更新され、高速化した

2019年1月24日より配信された通称Oreoにより、ホーム画面のデザインが一新され、よりスムーズに動作するようになりました。

以上

POSTED COMMENT

  1. シンバ より:

    2016年のブラビアでやってみました。劇的に早くなり驚いています。ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。