BRAVIAの「おすすめコンテンツ」と「おすすめアプリ」を非表示に

「BRAVIAのホーム画面って、なんでこんなにごちゃごちゃしているの?!」

そう思いませんか?

ホーム画面の「おすすめコンテンツ」と「おすすめアプリ」のエリアを非表示にすれば、画面もすっきり、操作も高速化できますよ!

副作用もあるのですが、その対策もまとめました!

BRAVIAのホーム画面を整理する!

まずホーム画面とエリア分け

Sony製 Android TV BRAVIAのホーム画面には、以下の6エリアが表示されています。

  1. 「おすすめコンテンツ」エリア
  2. 「おすすめアプリ」エリア
  3. 「アプリ」エリア
  4. 「ゲーム」エリア
  5. 「入力切替」エリア
  6. 「設定」エリア

*BRAVIA 49X8300Dへ2017年7月20日のアップデート適用済

初期状態では、「1.おすすめコンテンツ」と「2.おすすめアプリ」が上段エリアを独占し、ごちゃごちゃしています。

「1.おすすめコンテンツ」とは、最上段に大きめのアイコンで「今日のトピック」やおすすめ動画などが示されている部分です。アプリが最新の情報をプッシュ通知している、といったところでしょう。

「2.おすすめアプリ」とは、Sony Select、My Bravia、NETFLIXなどのアイコンが2段にわたって表示されている部分。ソニーがおすすめするアプリ一覧といったところ。クリックすると、そのアプリのインストールがはじまるよ、といったエリアです。

「おすすめコンテンツ」と「おすすめアプリ」は名前がややこしいですが、きちんと区別してください。

まずは、この2つのエリアを非表示にしましょう。

「1.おすすめコンテンツ」を非表示にする方法

オススメコンテンツ、正確にはRecommendation Cardと呼びます。各アプリが新着動画などの「通知」を発することで、かなり大きいアイコンが最上段に表示されます。この表示を消すには、アプリ側の通知設定をオフにすればよいのです。

こちらの記事のように、「1.おすすめコンテンツ」は設定からカンタンに非表示にできます。

Androidテレビの「おすすめコンテンツ」を消したい!

設定方法

・設定 > ホーム画面 > おすすめ行 > すべてオフ

設定の結果、ホーム画面はこのような見た目になりました。新着通知がなくなり雲のマークになりましたね。

通知情報のやり取りがなくなったので、けっこう操作性が向上した気がします。

しかしhuluやGyaoなどのアプリが「2.おすすめアプリ」として2段にわたって表示されています。

邪魔ですので、次にこれらを取り除きましょう。


「2.おすすめアプリ」を非表示にする方法

オススメアプリとは、ソニーが推奨するアプリ一覧です。Gyao、天気予報、高校野球、プロ野球、、、このようなアプリは我が家は今後も一切使わないのですが、簡単には消せません。

消したい方はけっこういるようですが、難しいようですね。そして国内のブログ界隈では「2.おすすめアプリ」エリアを非表示にできないという結論になっています。

価格.com – 『【おすすめアプリ】が削除できない SONY BRAVIA KJ-55X9350D [55インチ] のクチコミ掲示板

しかし実際は非表示にできます

参考になるのはこれらの記事(英語)。

Rooting Sony X850C? : AndroidTV
How To Speed Up Slow Sony Android TV & Disable Samba Interactive – YouTube

動画の説明に従い、以下のように設定します。

・設定 > アプリ > Sony Shelf > 通知をオフ・データの削除・強制停止・無効、
・Braviaを再起動

これだけで「2.おすすめアプリ」のエリアが非表示になりました!。

操作性もグッと改善!明らかに高速化しています!

しかし副作用として、もともと「2.おすすアプリ」エリアにあった、普段使うAmazon Videoなどのアプリも非表示にされてしまいました。。

下の画像のように、アプリがでてこないので、起動ができません。。

「だめじゃん!」

いえいえ、、いろいろ試した末に裏技をみつけましたよ

(私は職業柄、こういう裏技を探すのが得意です)

ホーム画面にて、リモコンの「番組チェック」ボタンを押します。(決定ボタンのちょい下のボタン)

表示されたメニューから、上下に操作し、写真のとおり画面クイックアプリ切り替えに移動。ここでAmazon Videoなどのアプリをお気に入りアプリとして設定します。

そしてホーム画面へ戻ってみると、、

ホーム画面のアプリ一覧に先ほどのアプリが表示されました!

理由は謎です!

まぁとにかく、Amazon Videoなども問題なく表示したまま、すっきりとしたホーム画面になりました。

「1.おすすめコンテンツ」エリアと「2.おすすめアプリ」エリアが非表示になり、最上段に「アプリ」エリアがあるのがわかります。

(英語モードなので「アプリ」は「App」となっています)

「ゲーム」などは普通に設定画面からオフにしてください。これでシンプルで高速なホーム画面となりました。

みなさんも、ホームの不要なエリアを非表示にして、使いやすい画面にしましょう!高速化も期待できますよ!

以下、「おすすめアプリ」に関する余談が続きます。


そもそも「おすすめアプリ」とは

「おすすめアプリ」のエリアは、SonyがGoogleと交渉して入れ込んだものです。

【西田宗千佳のRandomTracking】ソニーの「Android TV」はどうなっているのか – AV Watch

ただ、Googleとの議論の中で、(中略)、ホームメニューの中に、ソニーの持つアプリも表示するスペースも確保しました。(中略)ソニーが独自に色々な領域を改善できる、という合意をとった上で進めていますので、差異化はできます。

SONYらしさを出すために、独自設定としてSony Shelf、つまり「おすすアプリ」のエリアを確保したとのことです。

格好いいこと言っていますが、実際はホーム画面の一等地に広告エリアを設けて、消せない広告エリアを作っただけです。そしてアプリ屋からお金を集めて広告を張っているのが現実です。

これがSONYらしさでしょうか?

そういえば昔のVAIOも初期デスクトップは広告だらけで、評判が悪かったですね。

ソニーではなく、私の広告が以下に続きます。

こちらが写真に写っているテレビです。我が家の家電は白系で統一しているので、どうしても白枠のテレビが欲しかったのです。今となっては白枠のテレビは貴重でした。

そしてテレビを固定しているテレビ台はこちら。テレビを壁際に寄せられるので、部屋がすっきり見えます。

「おすすめアプリ」を消す方法ではなくて、おすすめアプリの紹介はこちら!
Braviaのおすすめアプリ

以上

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。