化学でライフハック
化学者ならではの便利技をご紹介
節約・浪費

nature remoで「見守りサービス」的な自動連絡

見守りサービスとは、駅の改札でタッチしたことを通知するサービスです。

お子さまがJR東日本、都営交通、東京メトロのサービス対象駅改札の自動改札機をSuicaやPASMOで通過(タッチ)したときに、あらかじめ登録された保護者等に「通過時刻、利用駅・チャージ残額」をお知らせする見守りサービスです。

しかしながら、サービス利用には毎月500円が必要なこと、利用できる駅が限られていること、駅を起点とした通知しかないことが気になります。

ちまたには見守りサービス的なアプリや電子機器はありますが、クオリティは落ちても、月額無料で見守りサービスが使えたら良いと考えました。

そこで、スマートリモコンnature remoを用いて、簡便な見守りサービスを設定してみました。

見守りと言いつつも、夫婦や家族で帰宅時間を知らせる用途にも使えますよ。

「今から帰ります」「最寄り駅に着いたよ」などが家族へ自動通知されます

nature remoのご紹介

nature remoは、赤外線通信装置付きのWiFi端末です。IOT機器に分類されまして、これひとつで家電をスマホから操作できます。

created by Rinker
Nature
¥4,480
(2020/11/28 22:49:38時点 Amazon調べ-詳細)

私はこれまで5種類のスマートリモコンを試してきました。中でも一番信頼しているのがnature remoです。世代ごとに買い足していて、合計3台購入しました。

nature remo のオートメーションを使いこなす

nature remoには、オートメーションという機能があります。トリガーという条件をもとに、赤外線操作を行う機能です。例えば、毎晩6時になったら電気を付ける、といった自動設定ができます。

トリガー条件は、いろいろ選べます。今回は見守りサービス的に利用したいので、「到着」を選択します

秋葉原駅が最寄りなので、その情報を家族と共有したいとします。
まず、オートメーションに名前を適当に設定します。

nature remo > 下部メニュー > オートメーション > + > 名前「秋葉原なう」

nature remoオートメーションの名前

次に、トリガーとして、「到着」を選択。

オートメーションの編集 > トリガーを選ぶ > 「到着」> 地図から秋葉原駅を選び50~100mスケールまで拡大 > 保存

nature remo オートメーションの設定

そして、家電操作として、適当な操作を選択。
今のバージョン(2020/06/28)では、オートメーションには何かしらの操作が必要なので、操作されても問題ないものを選択します。私は、使っていない家電をダミーで設定しています。

オートメーションの編集 > 家電操作 > 扇風機など > リズム > 保存

nature remo オートメーション設定

通知の設定を確認。

自分のiOSデバイス
オートメーションの編集 > 通知 > ON
iOSの設定 > nature remo > 位置情報 > 常に許可

nature remo iOS設定

最後に、通知を送りたい家族にもnature remoをインストールし、同じアカウントでログインします。通知設定をONにします。

家族のiOSデバイス
オートメーションの編集 > 通知 > ON

実際に使ってみる

秋葉原駅に着きました。

自分に「秋葉原なう」の通知が届きます。

家族にも「秋葉原なう」の通知が届きます。

家族が駅に着いても、「秋葉原なう」の通知が届きます。

便利です。

同様の設定を増やせば、「バス停なう」、「帰宅中なう」、「乗り換えなう」も家族へ自動通知されます。

帰宅のタイミングがお互いにわかるので、いちいち連絡しなくても良いですね。

created by Rinker
Nature
¥4,480
(2020/11/28 22:49:38時点 Amazon調べ-詳細)

以上

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。