ベランダ壁の雨染みを本気で掃除する方法

マンションのベランダの壁の掃除は大変

我が家では、ベランダの床はまめに掃除していましたが、壁の掃除は2年間さぼっていました。幹線道路から離れていても、真っ黒な雨染みができてしまうんですね。

中古としてマンションを売却する際に染みがあるとまずいですよね。内覧の時に相当がっかりさせてしまいます。このままでは資産価値が落ちる!という強迫観念から、本気で掃除する方法を検討しました。

ベランダの汚れの解消方法をネットで検索すると、様々な方法がでてきます。

・水や台所用洗剤でこする
・車の水垢取り
・クレンザー
・(奥の手)専用洗剤

本当に効果があるのか検討した結果についまとめます。


我が家のベランダには、スロップシンク(水栓)がないので噴霧器を購入しました。これがないと、バケツの往復が大変ですので、是非用意しましょう。また風呂掃除用にも使えるブラシも購入しました。

そして、雨の日を狙って掃除を開始します。これは、階下の方に迷惑をかけないためです。

実際に洗剤を使って壁を洗っていきます。

水や台所用洗剤でベランダの壁を掃除してみた

いきなりですが、水や台所用品では予想通り全く効果がありませんでした。これらをおすすめしている人は、雨シミを見たことがあるのだろうか。。

次に「車の水垢取り」、「クレンザー」の検討に続きます。

車の水垢取りでベランダの壁を掃除してみた

以前、車についた雨染みをとるときにはリンレイのものが最も効果を発揮しました。つまり、雨染みといえばリンレイのイメージです。ベランダ壁にも使えるという噂もありましたので、ボディークリーナー 水アカスポットクリーナーを購入しました。

この水垢クリーナーを外壁へスプレー後、5分待ってからこすってみます。

残念ながら、水アカスポットクリーナーは、ほとんど効果はありませんでした。

クレンザーでベランダの壁を掃除してみた

クレンザーとは磨き粉のことです。研磨剤と界面活性剤が含まれる洗浄剤ですね。研磨剤も相当に硬いので、ものによっては壁が傷ついてしまいます。石英が含まれるものではタイルが傷つくかと考え、比較的柔らかい炭酸カルシウムが有効成分のジフ(Unilever製)を選択しました。液体クレンザーと粉末クレンザーがありますが、ジフは壁につけやすい液体クレンザータイプです。

外壁へ塗布後、ブラシでこすってみます。

すると、クレンザーは外壁掃除に効果がありました!

下の画像をご覧ください。向かって左側が水垢クリーナー、右側がクレンザーです。どちらもブラシでこすったあとです。

見ての通り、右側は雨染みが落ちていますね。ここまで綺麗になると新築の時を思いだします。ただ、一面を綺麗にするだけでも相当時間がかかるのを覚悟しましょう。私は2時間くらい掃除にかかりました。。

ベランダ壁の雨染みを掃除、正解はクレンザーでした。メカニズムとして、くぼんだ壁面にクレンザーの粉末が入り込み、こすり落とすって感じでしょうか。

掃除の仕上げは防水スプレー

せっかくきれいにしても、このままでは同じように雨染みができてしまいます。そこで防水スプレーでコーティングしてみましょう。

以上です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。