化学でライフハック
化学者ならではの便利技をご紹介
節約・浪費

キッチン排水口のゴミ取りシステムを試行錯誤し、掃除がめっちゃ楽にできた

銅製の排水口ゴミ受け

ディスポーザーありの生活は理想的だった

以前、わが家は、ディスポーザー付きの住宅に住んでいました。ディスポーザーがキッチンについていると、野菜くずの廃棄と同時に、排水口のゴミ掃除もできるんです。ちょっと臭いゴミ取りネットを交換する作業は嫌だったので、大変快適でした。

その後、引っ越した先にはディスポーザーはありませんでした。個人で導入することは不可能だったので、なくなく受け入れました。

ステンレス製のキッチン排水口グッツ

引っ越し先で排水口の掃除問題が発生

しかしながら、困ったのは排水口のゴミ掃除です。一回、ディスポーザー生活に慣れてしまうと、臭いゴミ取りネットを交換する作業は大変苦痛になりました

そこで、キッチン排水口のゴミ取りシステムを試行錯誤して構築し、掃除をめっちゃ楽にしました!

ポイントは、毎日きれいに保つこと

ポイントを以下に示します。

  • ゴミ受けは銅製で、つなぎ目が少ないタイプを2つ購入
  • ゴミ受けは、毎日、食器洗い乾燥機で洗浄
  • 防臭キャップは、銅製のタイプを購入

ゴミ受け

わが家のゴミ受けは、タカラスタンダード製のアミカゴ(N-40 アミカゴ, 10198114)(ステンレス製) でした。

しかし、代替となるゴミ受けがわかりません。一見横幅が合っていても、高さなどで問題もあるようです。また、アミカゴにつなぎ目が多いと、そこにゴミが詰まってしまうそうです。探すのに苦労しましたが、最終的に、SANEIの流し排水栓カゴを購入、無事に装着できました。

created by Rinker
SANEI(旧社名:三栄水栓製作所)
¥2,125
(2021/06/16 02:26:09時点 Amazon調べ-詳細)

銅製の排水口ゴミ受け

ゴミ受けを食器洗い洗浄機に入れる勇気

毎日ゴミ取りをしているので、ゴミ受け自体、全く汚くなりません。銅製なので細菌も繁殖せず、衛生的です。

はじめは少しちゅうちょしましたが、毎日、食器洗い洗浄機でゴミ受けを洗っています。毎日洗っていれば食器とような感覚です。

食器洗い機で洗浄中にもゴミ受けをシンクにはめる必要があるため、上記商品を、2個買いました。ちょっと高かったですが、

防臭キャップ

我が家の防臭キャップ(トラップインナー)は、タカラスタンダード製のY字のもの(品名 10.20インナー, 10196592)でした。昭和60年から製造しているタイプです…。これの代替となる防臭キャップを探すのも苦労しました。最終的に、カクダイの銅製の防臭キャップを購入、無事に装着できました。

created by Rinker
カクダイ(KAKUDAI)
¥3,030
(2021/06/16 03:29:29時点 Amazon調べ-詳細)

銅製の防臭キャップ

さすがに、防臭キャップは外すと臭うので、毎日は掃除はしてません。さらに防臭キャップの下部に取り付けるアダプターもありますが、そこまでは取り組んでいません。

created by Rinker
カクダイ(KAKUDAI)
¥1,989
(2021/06/16 02:26:11時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

ディスポーザーなしで掃除が楽にできるようになりました。銅製の製品は、変色する問題はありますが、微生物も繁殖せず、衛生的ですね。ちなみに、10円玉のような臭いも危惧しておりましたが、まったくの杞憂でした。皆さんにオススメできるキッチン道具です。

以上

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。