レビュー速報(レビュ速)
日本製品の海外レビューを翻訳してご紹介
ライフハック

これなら通路に置ける!スリムなダストボックス

数か月悩んだ末、ダストボックス(ゴミ箱)を購入しました。

ここに至るまでの経緯をメモします。

ダストボックスの要件定義

当初は食器棚にダストボックスを収納することを考えていました。

しかしながら、以下理由からやめました。

  • 臭いがこもること
  • 収納スペースがもったいこと
  • ごみを捨てにくいこと

ここでダストボックスの要件定義をしました。

我が家はスペースが大きくとれないので、通路に置くことになります。

燃えるゴミと燃えないゴミ、2つに大別が必須な地域なので、セパレートタイプが必要です。

ダストボックスを出しっぱなしにするので、多少値が張っても、オシャレなものが良いですね。

これらの条件を満たすダストボックスを探しました。

米国系simplehuman

おしゃれなダストボックスといえば、simplehuman。シルバー系が多いのですが、米国本土ではホワイト系も売っています。

セパレート&ホワイトタイプが公式ウェブサイトにあったので、個人輸入を検討しました。

しかしながら、サイズが大きすぎて対応できず…。

ステンレス製は水気を拭き取るのが面倒くさい、筐体も大きのでビッグサイズの一軒家向きだ、と酸っぱいブドウのような思考で納得しました。

中国系townew

xiaomiのtownewというダストボックスも検討しました。語源は投入ですかね?

ゴミの廃棄時に、自動で袋をしばってくれるもの。

しかし、ゴミ袋が特定のものに制限されること、黒いゴミ袋では我が家の地域では回収してくれない、などの問題あります。

容器によっては、グレータイプのゴミ袋もつけられるようです。

新型テクノロジーには憧れますが、スリムタイプではないので置きにくいですね。

内容量は小さく、トイレ用っぽいデザインだなと思いました。

日本製likeit

最終的に、likeitのスリムタイプのLBD-02を購入しました。

横に慣れべれば、通路の邪魔になりません。臭いもシャットアウトしてくれます。

袋止め部が外れるので謎仕様で、ゴミ袋を取り換えるのがやや面倒です。

まぁそれ以外はおおむね満足しています。

ダストボックスはボタンを押すと開くタイプですが、2年ほどでバネのような蝶番(?)、部分が壊れました。
洗濯バサミの金属部分と同じようなもので、トーションばねというのものです。

メーカーに問い合わせても、適切な商品を紹介してくれないようです。
下のYoutubeに示すように、パーツの型番がわかれば、自分でも修理できます。

仕方ないのでAmazonレビューをもとに、こちらの品番で修理しました。

トーション以外にも、ワンプッシュ式のボタン周囲が壊れやすいようです。その際は、こちらの動画のように修理しようかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。