BRAVIAの「おすすめコンテンツ」と「おすすめアプリ」を非表示に

BRAVIAのホーム画面に不満あり!

「BRAVIAのホーム画面って、初期状態ではごちゃごちゃしている!」
「この部分って、ただの広告じゃん!?」
そう感じませんか?

おすすめコンテンツとおすすめアプリを非表示にすれば、画面もすっきりして、操作も高速化できますよ!

ホーム画面とエリア分け

Sony製 Android TV BRAVIAのホーム画面には、以下の6エリアが表示されています。

  1. 「おすすめコンテンツ」エリア
  2. 「おすすめアプリ」エリア
  3. 「アプリ」エリア
  4. 「ゲーム」エリア
  5. 「入力切替」エリア
  6. 「設定」エリア

*BRAVIA 49X8300Dへ2017年7月20日のアップデート適用済

初期状態では、「1.おすすめコンテンツ」と「2.おすすめアプリ」が最上段を独占し、ごちゃごちゃしています。

この2つのエリアを非表示にして、すっきりさせましょう。ついでに、操作が高速化されますよ!

「1.おすすめコンテンツ」を非表示にする方法

各アプリが最新の番組などを「通知」を発することで表示されます。そこで、このアプリ側の通知設定をオフにすればよい。

Androidテレビの「おすすめコンテンツ」を消したい!
・設定 > ホーム画面 > おすすめ行 > すべてオフ

上記事のように、「1.おすすめコンテンツ」はカンタンに非表示にできます。結果、このような見た目になりました。まだhuluやGyaoなどのアプリが「2.おすすめアプリ」として最上段に表示されています。

邪魔ですので、次にこれらを取り除きます。


「2.おすすめアプリ」を非表示にする方法

国内のブログ界隈では、「2.おすすめアプリ」エリアを非表示にできないという結論になっています。

価格.com – 『【おすすめアプリ】が削除できない…』 SONY BRAVIA KJ-55X9350D [55インチ] のクチコミ掲示板

しかし実際は非表示にできます

参考になるのはこれらの記事(英語)。

Rooting Sony X850C? : AndroidTV
How To Speed Up Slow Sony Android TV & Disable Samba Interactive – YouTube

説明に従い、以下のように設定します。

・設定 > アプリ > Sony Shelf > 通知をオフ・データの削除・強制停止・無効、そしてテレビの再起動

これだけで、「2.おすすめアプリ」のエリアが非表示になりました

しかし副作用として、「2.おすすアプリ」エリアにあった、普段使うアプリも非表示にされてしまいました。下の画像のようにAmazon Videoなどが現れないため、アプリ選択ができません。

「だめじゃん!」

いえいえ、、そこで更に裏ワザを。ホーム画面にてリモコンの「番組チェック」ボタンを押します。クイックアプリ切り替えに移り、上記アプリをお気に入りアプリに設定します。

ホーム画面のアプリ一覧に先ほどのアプリが表示されました!

Amazon Videoなども問題なく表示したまま、すっきりとしたホーム画面になりました。「1.おすすめコンテンツ」エリアと「2.おすすめアプリ」エリアが非表示になり、最上段に「アプリ」エリアがあるのがわかります。


そもそも「おすすめアプリ」とは

おすすめアプリは、SonyがGoogleと交渉して入れ込んだエリアです。

【西田宗千佳のRandomTracking】ソニーの「Android TV」はどうなっているのか – AV Watch

ただ、Googleとの議論の中で、(中略)、さらには、ホームメニューの中に、ソニーの持つアプリも表示するスペースも確保しました。

ソニーらしさを出すために、独自設定として「おすすアプリ」のエリアを確保しているようです。実際はホーム画面の特等席広告エリアにしただけに見えますが、、これがSONYらしさでしょうか?一応、公式にはこのエリアを非表示にできないとされているので、ただ邪魔なだけですね。

みなさんも、ホームの不要なエリアを非表示にして、使いやすい画面にしましょう!高速化も期待できますよ!

以上