新生児のためにミルクの調製を最適化する

ミルク調製をなんとかする

新生児がいると、3時間ごとにミルクを調製しないといけない。

・哺乳瓶を殺菌して準備
・一度沸騰した湯を準備
・70℃程度にお湯を冷ます
・ミルクの粉を溶かす
・ミルクを冷ます

これがまた大変!

赤ちゃんがギャン泣きしているのに、殺菌やら冷却は簡単にはできない。

このミルクの調製プロセスを最適化したのでまとめておく。

具体的には、このようなプロセスでよくなった。

3時間前
・ケトルで湯を沸かす
・水筒(魔法瓶)へお湯を入れておく

ミルク作成時
・哺乳瓶へ粉ミルクを投入
・水筒(魔法瓶)から適温のお湯を注ぐ

哺乳瓶の用意

まず哺乳瓶は2本以上用意する。重くてもガラス製にする。プラスチックに比べて温度調整の手間が段違いにラク。

お湯の作製

お湯はケトルで沸かす。後述するが、沸かす湯量は適当で構わない。温度調整ができるケトルもあるが、一度沸騰(殺菌)してから温度を下げて保温するのかは確認が必要。冷温から目標温度まで上昇する機能のものがほとんどである。

水筒(魔法瓶)の用意

「保温機能が高くない」水筒(魔法瓶)を用意し、ケトルで沸騰したお湯を入れておく。3時間後、つまり次のミルクの時間までほったらかしにしておく。私の環境では3時間後に湯は70℃になっており、粉ミルクを溶かす適温になっていることを確認した。公式では6時間後に70℃以上となっているが、、まあ室温にほったらかしにしていたらそんなもんでしょう。

「保温機能が更に弱い」水筒も用意しておき、ケトルで沸騰したお湯を入れておく。6時間後に61℃以上と記載あり。

ミルクの温度を下げる

「保温機能が高くない」水筒のお湯で粉ミルクを溶かす。更に「保温機能が更に弱い」水筒水筒から比較的冷えた水を加えて温度を調整する。私の場合は、1:1で水筒のお湯を混ぜれば、この時点で適温になる。

それでもミルクが熱い場合は、冷水で冷やす。哺乳瓶を左右に回転させながら水にさらすと効率が良い(温度交換の頻度を上げる & ミルクの攪拌)。これは科学実験で使う湯煎と同様の原理。効率は下がるが、哺乳瓶を入れたボールに水をためて、更に水を流し続けてもよい。

哺乳瓶の洗浄

赤ちゃんにミルクをあげたら、洗剤で洗って電子レンジ型除菌ケースに放り込む。面倒くさいときは食器洗い乾燥機の「しっかりモード」などで洗浄する。機種にもよるが、私の環境では熱風で殺菌できているとみなす。

搾乳したミルクの温め

搾乳したミルクを温めるとき、「電子レンジの牛乳温めモード」も利用したい。一般に赤ちゃん用ミルクの温めに電子レンジは推奨されていない。これは乳成分が変性してしまい栄養が失われるというためだ。

しかし牛乳温めモードなら問題ないと思われる。牛乳温めモードは乳成分が凝集しないよう、58~62℃程度までしか温度が上昇しない。だから表面に膜がはらないのだ。下の記事のように、最高でも粉ミルクを溶かす温度となり底は熱くない。ちょうどよいようにみえる。

人工知能のシャープ! ヘルシオ編

上部は約70℃としっかり温まったが、底の温度は約46℃と低め。とはいえ、熱くもぬるくもなくちょうどいい温度だった。

一般に行われている熱湯で湯煎するほうが、哺乳瓶外周に近い部分の温度が急激に上がるため、乳成分の変性物ができやすいと考えられる。

以上