Android TVブラビアのアップデート変更点(随時更新)

Android TV ブラビアのアップデートによる変更点

Android TV ブラビアは、旧機種でもソフトウェアのアップデートに対応してくれます。

今回、BRAVIA KJ-49X8300Dへ「2018年4月12日アップデート」適用済の状態から、「2018年9月14日アップデート」を適用ました。

https://www.sony.jp/bravia/update/

2018年発売のソニーサウンドバー製品をブラビアのオーディオ機器コントロールの機種リストに追加し、該当サウンドバーの音質設定をブラビアから変更できるようになります。
・テレビとソニー製オーディオシステム接続時、「音声モード連動設定」を追加しました。
・一部のXperiaにおいて、USB経由で接続して「アルバム/ビデオ/ミュージック」から写真/動画/音楽を再生する機能を削除しました。
・ホーム画面の「アプリ」から、「フォトシェアプラス機能」を削除しました。
・その他、軽微な不具合を改善しました。

上記のうち、「その他、軽微な不具合を改善しました」が重要なポイントです、実際に触ってみてわかった変更点をまとめました

  • 操作性が向上した(リモコンのキー入力間隔が短くなった)
  • U-NEXT、huluのアプリが新たにインストールされた(設定 > Appにて無効化可能)
  • ブラウザアプリ Operaが別の名前になった
  • App Starter for Netflix Buttonが機能しなくなった(!)

App Starter for Netflix Buttonは、Netflixボタンを任意のアプリ起動ボタンにできるアプリでしたが、やはり対策されちゃいましたね。

以上です。