レビュー速報(レビュ速)
日本製品の海外レビューを翻訳してご紹介
ライフハック

新築マンションでドラム式洗濯乾燥機の臭いの原因は2つ!対策方法まとめ

ドラム式洗濯機、臭い問題が発生

新築マンションに引っ越したが、洗面所がなんだか臭う…!

下水のようなドブ臭いが、わずかに漂う

インターネットで検索すると、私と同じように、新築マンションで洗濯機の臭い問題に困っている方、多いみたいです。しかも、みんな解決してないぞ…。まずい。

これをきっかけに、臭いの発生原因を究明し、解決しました!

怪しいのは、ドラム式洗濯乾燥機

臭いの元として怪しいのは洗面所に設置した洗濯機です。

我が家の洗濯機は、東芝製のZABOONシリーズ

タオルを洗濯機下に置いてふさいでみると、嫌な臭いはしません。つまり、ドラム式洗濯機の下が臭い発生源として怪しいわけです。

洗濯機の取り付けは、引っ越し時に専門業者にやってもらいました。プロにお願いしたから、取付工事は問題ないと思います。

が、念のため、施工の再確認とヒアリングを目的に、再度業者さんに来訪してもらいました。

やってきたのは、取り付け時とは別の担当者。ダブルチェックの意味で、適任でしょう。

調査してもらった結果、洗濯機自体の取り付け施工は問題なし。

また、新築マンションということもあり、配管自体の異常はないようです。排水トラップの封水がなくなると臭いが発生するのはもはや常識ですが、我が家は水がしっかりと張っていました

せっかくの機会なので、洗濯機の臭い問題について、取り付け業者に30分以上ヒアリングしました。

確認した結果がこちら。

新築マンションで臭い問題が起こる場合の原因2つ

  1. 排水トラップ:洗濯機の下部の排水トラップが乾くと、臭いが下水から上がる(常識)
  2. 洗濯機内部:埃が内部にたまっていると、カビが増殖し臭くなる

臭いの原因①:排水トラップ

下の画像は、洗濯機の下の排水口を覗いてみたもの。やはり、ここから臭いが発生していました。排水トラップはちゃんと水が発展途上いますが、臭いの根本原因は不明でした。

洗濯機の排水溝_対策前

ダメもとで対策グッツを購入

日立製の洗濯乾燥機ビッグドラムは、乾燥時のヒートサイクル機能により、排水トラップ側に風が送り込まれるようです。すると、トラップの水が乾いてしまい、下水の臭いが上がってきます。

日立は、この臭い問題を認識しており、専用の対策グッツも販売しています。業者さんがちょうどその対策グッツを持参していました。

取り付け費用込みで5,000円。ちょっと高いですね。コンサル料金含めたらまぁこんなものでしょうか。

さて、我が家の洗濯機は東芝製だが、日立の対策グッツが効果を発揮するのか…?

業者さんからは、こういった別メーカーへの対応は初めてなので、解決するかは責任はとれないとのこと…。

私はブログネタにもできるので、ダメもとでお願いしました。

対策グッツの正式名称は、排水トラップカバー。

構造は単純。洗濯機下にある排水溝の周囲に、蓋をかぶせるもの。

突発的に大量に空気などが流れた場合、空気を一瞬逃すためのボール機構もついていました。膨らんでいる部分がそのボール機構です。まぁ、我が家の東芝製洗濯機では不要な機能なのですが。

排水トラップカバーを取り付け、効果のほどは

洗濯機の下の排水溝_対策後.jpg

取り付けた瞬間、全く臭わなくなりました!!

臭い物に蓋をする、その通りです!

自分でも排水トラップカバーをはめるだけで簡単に取り付けできます。

Amazonなどで普通に買ってください。東芝製の洗濯機にも、日立の対策グッツが使えます。もちろん、東芝以外の洗濯機でも同様に使えます。排水溝の臭い問題に困っている方にはオススメです。

臭いの原因②:洗濯機内部の埃

洗濯機内部に埃がたまると、そこにカビが入り、水分を含んで臭くなるそうです。

ドラム式洗濯機では、衣類から発生した埃が、洗濯機の内部にたまりがちです。そこに微生物が繁殖し臭くなるそうです。更に、埃がたまると、乾燥時の空気の通りが悪くなり、衣類も埃も生乾きになり、臭くなります。

しっかり、埃を排除する必要があります。

排水フィルターの存在意義

埃対策には、排水フィルターの設置が重要です。洗濯中に発生する繊維や埃を、細かいメッシュフィルターでキャッチするんですね。埃が洗濯機内部に溜まりにくくなるので、空気の通りが良くなります。

フィルターがないと、埃が洗濯機内部に再循環します。そして入り組んだ洗濯機内部のどこかにトラップされて、臭いを発生させます。

コスパ最強の排水フィルター

わが家は、コスパ最強の薄型タイプを導入しています。

使用する際に、気を付けるポイントはこちらです。

  • 洗濯機に合うようにフィルターは短くハサミで切る
  • 洗濯機の水位設定は、最大とする
  • 洗濯後は、毎回フィルターを交換する

排水フィルターは、そのままでは長すぎるため、あらかじめ洗濯機のサイズに合わせて切っておきます。折って使っていると、パッキン部にフィルターが挟まり、水漏れにつながります。

また、普段から洗濯機の水位は「最大」で使いましょう。たっぷりの水で埃を取り除いてください。ついでに、衣類への洗剤の残存も防げるので肌にも優しいですす。節水が気になる方は、臭い問題・肌荒れ予防と天秤にかけてください。

もったいないですが、毎回フィルターは交換しましょう。そのために薄型で安価なもの(1枚2円程度)を買います。薄型でも十分に埃はキャッチできますよ。

おそうじブラシ

すでに埃が洗濯機内部に溜まっているならば、おそうじブラシを使いましょう。適当に、洗濯機内部をゴシゴシこすったあと、洗濯乾燥モードを実行すればOKです。もちろん、排水トラップフィルタを取り付けるのを忘れずに

洗濯槽クリーナー

洗濯槽クリーナーで、半年に一回は内部を洗浄しましょう。洗濯機メーカーで、専用のものが販売されていますが…。値段はバラバラです。

実はこれらの中身、ほとんど一緒!

洗剤の製造元(OEM先)が同じで、販売メーカーが違うだけ!

もしかしたら、言い訳ができる用に若干組成を変えているかもしれませんが、洗浄力は同じでしょう。

何故かシャープ、パナソニックが販売するものが安いので、これらを東芝製の洗濯機につかっています。

まとめ

  • 排水口臭い抑制には、排水トラップカバーが効果的。
  • 洗濯機の臭い防止には、排水フィルターが良い。適切な長さに切って使おう。
  • 普段から、洗濯機の水位は多めにしておくと、なにかと良い。

自分は、こんな対策をしているよ!などありましたらコメント欄に記載をお願いします。

終わり

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。