自己流なんだけど、歯磨きを上達させたテクニックと道具

長年にわたり虫歯に悩まされてきました

私は自分なりにちゃんと歯磨きをしているつもりでしたが、どうしても虫歯ができてしまう体質でした。ついにはインプラントを入れるくらい虫歯が致命的になってしまい、更にブラッシングが難しくなりました。

そこで一念発起してアレコレ検討し、我ながらテクを上達できました。

ここでは自分なりの上達テクニックと歯磨き道具、心がけについてまとめました。ただ私は歯の専門家じゃないので、話半分でみてください。


歯磨きを上達する3ステップ

歯磨きを3ステップに分けて実施します。

  • ブラッシングステップ、歯ブラシで気ままに磨く
  • 確認ステップ、トゥースピックを全歯間に使い、歯垢が取れるか確認する
  • プロの確認ステップ、歯石除去のときに歯科衛生士さんに歯磨きの具合を聞く

確認ステップでは糸とピック(楊枝)部分を両方使い、歯垢が取れてくるか確認します。もしも歯ブラシで完璧に実施できていれば、トゥースピックで歯垢は出てこないはず。歯垢がでてくれば、ブラッシングが甘かったということ。

何事も基本はPDCAです。実績を見える化して、反省しようというだけです。確認ステップのおかげで、掃除の苦手部位がわかります。ブラッシングを振り返って、明日こそもっとうまく磨いてみようと心がけます。日々この繰り返しで、歯磨きテクニックを上達させました。

未だにトゥースピックは必須ですが、この3年間は磨き残しもなく歯石も殆どついていないと衛生士から評価してもらっています。

歯磨きのタイミングは、昼と就寝前のみ。朝は忙しいので実施できず。昼は歯磨き粉やトゥースピックなしで、ただブラッシングするだけ。外出先で道具を揃えるのが面倒なので。

続いて、歯磨きの道具を紹介します。

歯磨きの道具について

歯ブラシはこだわらず

歯ブラシの種類は特にこだわっていません。デザインが気に入ったものを選んでいます。豚の毛や馬の毛由来など面白いので試しています。

糸ようじはY字型一択

トゥースピックはY字型のを使っています。1ヶ月で糸がほつれてくるので交換します。ふつうの巻き取り式の糸は扱いが難しく長続きしませんでした。歯間ブラシは歯間に入れるのが難しく、失敗すると痛いので断念しました。

歯磨き粉はフッ素含有で

歯磨き粉は不要論はありますが、フッ素入りのものを使っています。チェックアップのものは最近お国に認可されたものです。フッ素高含有でオススメです。研磨剤あり/なしはお好みで。

マウスウォッシュは辛くないものを

辛いのは苦手なので歯科医院用のマウスウォッシュを利用。コップに数滴入れるだけなので、コンパクトで長持ちします。歯科医院よりもアマゾンの方が安い。

そもそも虫歯の原因は?!

私は酸っぱいものが大好きで、これが虫歯の主原因だったかと思います。

特に干し梅を常用していたときが1番歯が悪かったです。干し梅は適度に硬く酸性物質なため、歯を溶かすため研磨剤のようなもの。これじゃあクレンザーで歯をゴシゴシしているようなものです。しかも粘性が大きく、歯にくっつきじわじわと歯を溶かすというダブルアタック。

またレモンジュースを飲みながら作業していたときも非常に歯に悪かったですね。ずっとpHが酸に偏っているため、虫歯による攻撃が続きます。

今は酸性のもの自体あまり食べないですし、食べたらすぐ口を濯ぐように心掛けています。

1件のコメント

  1. Asami より:

    阪神淡路の地震の経験があるので参考になります
    話は変わりますが、以前紹介があったExcelvan 800WMというプロジェクターを一年以上前に購入したのですが、ある日突然電源を入れるとはじめから赤紫の光が出ます
    見えにくいです
    電源コードしか繋いでいません
    直せますか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。