社会人ドクター取得のリアルな現実

社会人ドクターにはテクニックが必要

私は大学院にて修士号取得後、新卒から研究開発職として企業に所属しています。入社3年目からは働きながら社会人博士課程に通い、なんとか学位を取得しました。同士もたくさんいましたが、半分は途中で挫折しているのが現実です。振り返ってみると、私が特別優秀だったわけではなく、ちょっとした戦略が明暗を分けたのかと思います。

博士号取得に関するブログ記事は数あれど、みなさんお利口さんなのか、うまく潜り抜けるための戦略(というかテクニック)は書かれていないと感じました。

ならば私が!ということでリアルな現実とテクニックをまとめてみました。

それじゃ、いってみましょう。

社内でのテクニック

日頃から上司や同僚へ学位を取りたいことをアピールし、「本気で学位とりたいキャラ」にする。学位を既に取っている先輩がいたら、無理やりでも機会を作って話をきいておく。

他社の方であっても話を聞いておこう。社内で進学について説得するときに、同業他社は出張費や学費を援助したみたいですよーとけしかけるネタになります。

社内事情は情勢次第で振り子のように変わります。ある時は「若手はぜひ博士号をとってほしいね」だったり、またある時は「会社は学校じゃねえんだよ」だったり。タイミングを逃すと次のチャンスは数十年後かもしれません。

課程に入ったもの勝ちです。できたら、いつか博士号とりたいね、程度のひとはだいたいチャンスを逃しています。先輩を差し置いてもまずは入学許可をもらってしまおう。ただし、なにかにつけて批判確認されるので、入学許可証は捨てないように。私は上司の上司が変わるたびに、許可証を提出しました。

研究室選びのテクニック

大学院、専攻により取得難易度が大きく異なる。まずは学位を取得させてくれる先生を探す。先輩ヅラができて融通が利く母校が第一候補、次が共同研究先など。

3年や2年で取得を考えていることも伝えること。某京都方面では、5年で取るのが普通という話もあり、絶対避けること。

審査対象としてカウントされる論文リストを調べる。研究室のプライド自主規制もあるので要件をキチンと調べておく。某京都方面のインパクトファクター3.0以上のファーストオーサーが3報以上という専攻は避けること。インパクトファクター1.0で1報ならありがたい。医学博士だと、学内の謎論文に1報で良かったり、更に凄いところだとセコンドオーサーが1報あれば良いなんて…。それはどうかと思うけど、まぁある意味効率的かも。そして某中部地方の専攻では、インパクトファクターが付いていなくても、査読制度だけあればOKということも。インドの某速攻査読ジャーナルに投稿して数を稼ぐ手法もあるそうです。rapid review journal とかで検索すると出てきます。もちろん、数が足りないときの作戦ですが。私は使ってないぞ!

ゼミの義務を調べる。毎週研究室に来てゼミ参加ね!といわれても無理でしょう。ゼミ免除を狙おう。社会人ドクターの受け入れ経験があれば、無茶な義務は発生しないはず。。毎週のゼミと宿題に追われ、その合間に研究をするというのは相当難しいです。

実験のお手伝いをしてくれる学生やスタッフがいるのか確認する。論文を書いたらセコンドオーサーにするなど話をまとめておく。

入学試験の要件を調べる。要件として、研究開発歴何年というものもある。また社会人枠で入ったときの利点も調べる。本人にはメリットがないかもしれない。

学費は自分で出すスタンス。会社や家族から支援があるかもしれないが、まずは期待しない。でも、大学院に通う旅費については会社と要相談。出張扱いにしてもらえるとありがたい。もらえるならありがたく貰う。

研究テーマは、業務と無関係のものがよいかもしれない。社外秘や特許出願など制約がないため論文が出しやすい。

入学後のテクニック

晴れて大学院生となったあなた、浮かれてはいけません。早急に博士号取得の最低要件を満たすこと。博士課程に通っても、挫折、フェードアウトする方が多い現実を理解しよう。原因は、論文がでないことにつきます。

あなたの目標は学位取得であって、大発見をすることでもなければ、有名ジャーナルに通すことではありません。まずは一番通りやすいジャーナルに通しましょう。そのためには、小さな山でもいいから新しく作って、ヒョイと登ること。

論文は日本語で書いてから英訳する。よく、英語で最初から書くのが良い!などと言われるが、まったくの無駄。英語が得意であっても、どうせ長文を書く機会なんて今後ない。日本語で下書きを書いたほうがロジックの抜けが分かりやすい。

自腹であってもお金を払って英文チェックをかける。なんなら最初から日本語の論文を丸投げして英文にしてもらうほうがいい。社会人ドクターにとって最も重要な時間を買うことができる。オーバードクターをしたら学費やらで数十万が吹っ飛ぶことを考えると安いものです。

論文は分割して通して数を増やすのも手。リバイスの指示にはマジ感謝、真摯に全項目対応する。でも査読の返事が遅かったら催促する。こっちは学位がかかっているんだからといえばOK!すぐ査読が終わります。みんな締め切りまでほったらかしているんですね。自分と一緒だ

自分の例

入学前から実験をして、フライングダッシュを決める。が、データがしょぼすぎて査読が通らない通らない。博士課程3年生になっても論文なし。

大学院に行く時間がなくなり、複雑な機械が使えない!さすがにまずいと思い、急遽おもちゃみたいな実験器具を社内で自作、新規性あるだろとアピールして論文を書く。自ら問題を見つけて解決策を考える、という博士のスキルはコレなのかと思いました。「アイデアは苦し紛れの思いつき」という本田宗一郎の言葉に救われます。

そして毎朝5時に起きてマクドナルドで文書を書いてから出社していました。結局私はファースト2報、セコンド1報をもって博士論文を提出し、学位を授与されました。

専攻の指定する最低要件は、ファーストオーサー英文1報でしたが、その条件すら満たしたのは同期30人のうち私ともうひとりだけ。

評論家みたいにアカデミック界を批判していた方たちは、修了式には居ませんでした。

大学院生としての利点

Amazon Prime Studentは、4年間有効なので、大学院に入学したらすぐに登録しよう。

また、当時の携帯電話の学割は、2年間有効なもの。学生証を入手してすぐに加入、そして2年生の3月に更新処理をして、更に2年間延長できた。

以上

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。